こんばんは~

いや~ マジで、このお天気はおかしいのではないかと思ってしまうくらい
暑い^^;
日中は日向にいると汗をかいてしまうくらいだし、これを書いている晩も
外はとても暖かい。
いっそ星でも撮りに行こうかと思ったけど、月夜なのでこれを書いています^^

さて、本日はサンビラに潜ってきました。
水温19℃ 透視度15メートル弱

そんな中、気になる事があったので、まずこのハナイソギンチャクモドキの所へ。
iso

このイソギンチャクモドキ、刺胞はそれほどきつくなく、たまにイソハゼやカサゴ類も埋まっていることも。
ただ、ここではないのだけれども別の場所で、数年前に書いた大ダメージの様なものが
見られた。いったいこの現象はなんだろう。
もう死んでしまうかと思っても、また復活している。。
増えていく過程とも見えないんだけど。。。
何でだろう。。

それから、こんな光景。
mizu

ミズガメカイメンに海ブドウことクビレヅタ。
見た時には「消えていくもの現れるもの」なんて思って撮ってたけど、
結論を出す段階ではないね^^

それからこちらも死んでしまうかと思った様になったと思ったら増えてた
コハナガタサンゴ
koha

こうやって増えるのか? それともダメージは生き物の生きる力を高めるのかな。。

それからサンゴ繋がりでノリコモンサンゴ
nori

一つのポリプだけ光ってた^^
なんちゃって~!

そして!!
約17年ぶりにホウセキキントキの大群が見られたよ
hou

まぁ、その間にも少しはあったけど、今日の群れは数百匹。って数えられないほど。
中々寄らせてくれないけど、面白い光景ね^^

最後にはいつもの場所で^^
nami


って感じで遊んできました^^

では^-^b