今日は、朝のうち雲が広がった空だったのですが、昼頃には晴れてきて良いお天気になりました。

海は、物凄いベタ凪で、「波一つ無いとはこの事!」って感じでした。

それに、水温も相変わらず24~25℃と高く、透視度も15~20メートルと抜群の海をキープしています。

昨日は、アンドの鼻とグラスワールドでワイドを楽しんできました。

アンドの鼻では、ヨスジフエダイの所で30分くらい遊び、ゲストの方とのんびりしてきました^^

目の前の砂地に映えるレモン色のお魚は、とてもリラックス出来る光景です^^

その他、ササハゼも何匹も確認出来るようになってきたほか、ミジンベニハゼもちゃんといました^^

これから季節が進むにつれ、どんどん面白くなっていく事でしょう^^

グラスワールドでは、西側にいるアカヒメジやカゴカキダイ等をみて、イロイザリウオや

アオウミガメ等を見てきました。

そして本日は、KDPのビーチを2本潜ってきました。

まったく波の無いこの時期のこのビーチは、ある意味「串本1番」の顔を見せてくれます。

時間を忘れるような静かさや、沖縄のビーチを思わせるような透明感に明るさ、魚の多さ!

「最高ですっ!」

そんな中、ゲストの方とまったりのんびり潜ってきました。

エントリーする前・・・あまりの静かな海なので、最初少し沖に向かおうとしていたのを止め、

「最高のまったりダイビング」に変え、近場で過ごす事にしました。

エントリーして、何急ぐことなく色々と見ていきます・・・

サンゴの陰で休んでいるハリセンボンや綺麗なサンゴイソギンチャクにいるクマノミなどを、

超のんびり観察していきました。途中、「海のチアガール」のキンチャクガニやヒメキンチャクガニ等を

観察しながら進んでいきます。ヒメキンチャクガニを見つけたときには、トゲタナバタウオの赤ちゃんも

見られました。その他も多数見ながら、テングカワハギに会いに行ってみると・・・・

「う・・・」

見当たりません・・・

でも♪今日のビーチの環境なら、そんなことぐらい許せてしまうぐらい、

↓の様に、何故か素敵な気持になっていました^^(笑)

「いなくなったんだぁ~♪ じゃぁ~♪ その他なんかいないかなぁ~♪」

なんて、近くの枝サンゴに目を向けると・・・

なにやら恐ろしく可愛い顔がこちらを向いています・・・

「おお!ギンポ界のスーパーアイドル セダカギンポぉーさんではっ!!」

僕がこのお魚にお会いするのは、もう10年ぶりになるでしょうか・・・感動いたしました^^

近々、画像でご紹介できると思いますが、ズングリ体型のものすっごい可愛く綺麗な魚です。

すぐにゲストの方に紹介して観察し、あまり時間が無かったので帰る途中・・・

2本目は、「ここを中心に」と、心に硬く決意するのでありました^^;

そして、うどんを食べて暖まり、とりあえずセダカギンポ狙いで進んでいきます。

進んでいる途中、そういえばパークのスタッフの岡山君に聞いていた「ナガレモエビの仲間」を

見ていこうと思い探しに行きます。

このエビは、小さなチヂミトサカに住んでいる見た目地味な^^;可愛いエビです。

前回潜った時には分からなかったのですが、あっさりと発見^-^¥

しっかりとペアで住んでいました。

それからセダカギンポに直行! 思う存分見てきました^^

それに、代わる代わる撮影している隙に近くを色々探してみると、やっぱりテングカワハギも

ちゃんと見つかり、すぐ時間が過ぎていきました。

なんだか、凄く満足感を覚えエビ網時期の為の15時ギリギリまで潜ってきました。

途中、セアカコバンハゼ多数や、ゴマハギ、コバンハゼ等を見ながら、エキジットの水路に

帰って来ると、そこには30センチぐらいのダツの仲間が10匹、ホンソメワケベラにクリーニング

されていました。水深は1mぐらいの所だったので、青緑とも青ともいえないキラキラ虹色に光る

その体は、とっても綺麗で見惚れてしまいました。

本日のダイビングは、これを書いている今でも余韻を楽しむ事が出来るダイビングになりました^^

さて!明日のゲストの方とは何が見られるかなぁ~^^