本日は少し雨が降ったものの、まずまず過ごしやすい天気でした。

そんな中、串本ダイビングパーク前ビーチに2本潜ってきました。

1本目は、4番沖へ向かいました。ここは沖に向かって高低差のある砂地の水路があり、

砂地に居るものや、サンゴの陰なんかに居るものなんかが見られます。

まず、エントリーして思ったことは

「相変わらず魚が多い!」でした。初夏から流れ着いた幼魚たちは、立派に大きくなり存在感を

出し始めていました。出始めた頃凄くシャイだったクラカケモンガラも立派に8センチほどまで成長し

何匹もの集団で泳いでいました。

そのままビーチを横断する形で4番沖へ。

途中、後ろ髪をひかれつつも到着して、砂地を這うように沖へ向かいます。

数匹のダテハゼに出会いますが、全部小さいのでパス・・・して進むと、ツマジロオコゼなんかが

隠れそうなゴミだまりがあったので、良く見てみると・・・

なにやらゴミだまりの上の亀裂にしましまな奴が逃げ込みました。

「ん?」

そっとライトで照らしてみると、なんと!コクハンアラの2センチほどの赤ちゃんが見れました。

シマキンチャクフグに似た模様の幼魚ですが、しっかりと体・顔共にハタの顔をしています。

串本には1年に1~2匹しか見られない魚なので、見てみたい方はこの機会に^^

しばらーーーく見て、ゆっくりと帰り始めると、先日紹介したトゲダルマガレイがじっとしていました。

じっとしているというより・・・寝てる? ん? まったく動きません・・・

「ラッキー♪」とばかりに、キョロキョロ動く可愛い目や、体の綺麗な花びら模様をじっくり観察しました。

それから、帰ってくる途中にクロホシハゼを発見!海藻を咥えて巣に持ち帰る可愛い奴です。

しかしながら、時間もあまり無かったので2本目に見ることにしてエキジット。

時間を見てみると約2時間経っていました・・・・。

昼にきつねうどんを食べ2本目です^^。

今回はあまり遠出はしずに先日見つけていたサザナミヤッコの場所へ行く事に。

途中、こんな水深で見るのは初めてのコクチフサカサゴや、コウワンテグリの赤ちゃん等を見て

サザナミヤッコを見つけました。しかし、午後から少し波立っていたので、あえなく断念・・・。

少しだけ見えたサザナミヤッコの青の綺麗さが、まぶたの裏に焼きつきました^^。

それから、クロホシハゼの子を見に向かいました。今度はこの波の揺れを上手く使い、

小さな海藻を巣穴付近にばらまきます。すると巣穴の上を通過する海藻をしきりに

取りに来てとても可愛かったです。

そして、最後に・・・いつものエダサンゴに向かいました。

すると、なんと!!今年は久しぶりにやってきたマスクメロン事・・・

テングカワハギが1匹、エダサンゴのところをユラユラ泳いでいるではありませんかっ!

もうこのダイビングはこいつで決まり!とばかりに一生懸命ゲストの方も撮っていました。

何十分ぐらい居たのか分かりませんが、燃え尽きました^^

さて、写真を撮りたいものがいっぱいになってきました・・・・。

アンドのクロリボンスズメにコクハンアラ・・・おっとテングカワハギ・・・

う~ん・・・・どいつから撮っていこう・・・

あーー楽しみ!! 

今の時期潜ると、こんな感じになります・・・。楽しいですよぉ~ 皆も遊びに来てねー。