こんばんは

本日は、午後から少し雲が広がったものの、天気も良く、清々しい1日になりました。

これを書いている今現在も、窓の外では虫達が綺麗に音を出し、秋らしさが漂っています。

海は、透視度が上がり15メートル・水温26~27℃となっています。

そんな中、グラスワールドに潜ってきました。

エントリーすると少しに白っぽさはありますが底が見えていました。

9d6b34d4.jpg
沖に向かい、砂地のハゼやらカイメン・生え物をチェックしに向かいました。

以前にも書いたと思うのですが、

串本名物のミズガメカイメンにいろいろな出来事が起こっています。

まず、おそらくカニの仕業だと思うのですが、1センチぐらいの大きさでむしりとられていたり、

色が抜けてしまい変色しつつあるものもいます・・・。大事に至らなければいいのですが・・・。

しかし、このミズガメカイメンに付いているタレクチウミタケハゼは、さほど気にせずに

ピンクの所と色が抜けてしまった所を行ったり来たりしていました。

このハゼを撮るには、違った雰囲気になるので、面白いのですが・・・・。

b5dfe246.jpg
それから、少し深いのですがハゼ天国へ。

ここは、そんなに広いエリアではないのですが、周りを見渡すだけで、

ヤシャハゼのペアやらホタテツノハゼのペア、ヒレナガネジリンボウのペアに

ヤノダテハゼ多数、ホタテツノハゼの仲間等が74264689.jpg
いっぱい見られます。

しかも、どのハゼも結構寄らせてくれるので、

ハゼ好きの人はコンピューターに注意して行くといいと思いますよ^^。

その後、少し粘ったせいで少し急ぎめで浅場へ移動。

途中、色々なものを見ながら東の根へ。東の根にはオレンジ色のイロイザリウオがいました。

透視度も上がり、秋らしく気持の良い海になっています。

e5f3452a.jpg
最後に港で撮ったバラクーダの赤ちゃんの写真を貼っておきます。

大きさは10センチぐらい、もう少し大きくなったら外洋に旅立っていきます。

ここで育った子達は、何処の海で大きくなるのかなぁ~。

またどこかでお会いしましょう!それまで元気に大きくなってねーー 13ef857a.jpg
   ^^